APHORISロゴ

メンタルケアサポートの「アファリス」によるメールカウンセリング。
専門家によるメール心理相談がお気軽にご利用頂けます。
  • ホーム
  • メールカウンセリングとは
  • アファリスについて
  • カウンセラー一覧
  • ご利用の流れと料金
  • ご利用とお申し込み
  1. HOME
  2. カウンセラー一覧

心理カウンセラー一覧

COUNSELOR PROFILE


  カウンセラーの画像をクリックすると、詳細のプロフィールをご覧いただけます。


※ ここに掲載しているカウンセラー以外にも、在籍者がおります。
※ 各カウンセラーが同時期に対応出来る相談数に限りがあるため、ご希望に添えない場合もございますが、ご指名いただくことも可能です。
  ご指名の際には、お申し込みフォームの「事務連絡事項 」の欄にご希望のカウンセラー名をご入力下さい。






桜井 京子


写真や画像等をどうぞ
経歴 大学卒業後、民間企業で営業などを経験。その後、カウンセラーへの転向を決意し、学習塾などで働きながら、大学、大学院で新たに心理学を学ぶ。
大学院では現代社会心理学を専攻し、在籍中から、アファリスでの携帯電話向け心理サイトに寄せられるお悩み相談の回答、心理学や精神疾患にまつわるコラム・読者向け心理テストなどの作成に携わる。
一方、大学院入学前より、小中学生、専門学校生の教育相談に従事。スクールカウンセラー歴は10年になる。
資格 臨床発達心理士、シニア産業カウンセラー
得意分野 ■不登校、ひきこもりなど適応障害
■ADHDなど発達障害
■職場のストレスによる心身の不調
年齢 44
性別 女性
自己紹介 「生きている」のであれば悩むのは当然です。でも、どう悩むかが問題だと思います。悩みながらも前を向いて生きていけるのか、「悩み」があることに悩みながら後ろ向きに生きていくのか、それを選ぶのは自分自身だと思います。

カウンセラーは、悩みの解決法そのものを知っているわけではありません。でも、1人で悩みすぎていつのまにか解決をあきらめてしまいそうな時、一緒によりそい、悩み解決のためのサポートをすることができると思います。

手法としては、傾聴を中心としながら、心理学的知識やストレス対処法をアドバイスさせていただきます。また、過去の解決ケースを踏まえたアドバイスも場合によってはできるかもしれません。

悩みの行方を予測できる人は誰もいません。でも、一緒に考えて、できるだけポジティブな未来を考えていきましょう。

ロゼ


写真や画像等をどうぞ
経歴 大学にて心理学を学んだのち、大学院に進み、心理学研究科心理学を専攻(修士号取得)。大学院在籍中に、私立中学高等学校の産休代替としてスクールカウンセラーを経験。大学院修了後は、私立高等学校の非常勤スクールカウンセラーに従事する傍ら、株式会社アファリスにて、携帯電話向け心理サイトに寄せられるお悩み相談の回答、心理学や精神疾患にまつわるコラム・テスト・チェッカーなどの作成にも携わる。その後、出産のため休暇に入り、現在は復帰し、スクールカウンセラーとして生徒をはじめ、教員、保護者の抱える問題に日々向き合っている。
資格 中学校教諭一種免許、高等学校教諭一種免許、高等学校教諭専修免許、中国語検定準2級
得意分野 ■不登校・いじめ他、思春期や学校に関する様々な悩み
■発達障害・対人関係・コミュニケーションに関わる悩み
■恋愛・結婚・出産育児など、幅広いジャンルの女性の悩み
年齢 31
性別 女性
自己紹介 こんにちは、ロゼと申します。よろしくお願いいたします。

座右の銘は「がんばり過ぎない」。一生懸命であることは大切ですが、そのせいで心身のバランスをくずしてしまったら、本末転倒。いつでも余裕をもてるよう心がけています。

私がカウンセラーを目指したきっかけはいくつかありますが、最も大きかったのは大切な友人が心の病気にかかったことでした。友人のように病気になる前に、何か力になれないだろうか…そう思い、思春期の子どもたちの力になれる、スクールカウンセラーを目指しました。

夫と娘の三人暮らし。休みの日には最近はまっている紅茶を楽しんでいます。外出するのも、家でゆっくりするのも好きです。

皆さんからのご相談をお待ちしております。

ぽんた


写真や画像等をどうぞ
経歴 大学にて心理学を学んだのち、大学院に進み臨床心理学を専攻(修士号取得)。大学在学中からNPO法人にて不登校・ひきこもりの子どもへの訪問援助を経験し、大学院在籍中に、教育支援センター、夜間電話相談などでさらに経験を重ねる。大学院修了後、大学学生相談、スクールカウンセラー、公立高校非常勤講師(心理学)などに従事する傍ら、アファリスにて、携帯電話向け心理サイトに寄せられるお悩み相談の回答、心理学や精神疾患にまつわるコラム・テスト・チェッカーなどの作成にも携わる。現在は、家族心理学・ブリーフセラピーを専門とする大学の研究室の助手として、心理学のより良い社会貢献の形を模索している。
資格 ブリーフセラピスト(ベーシック)
得意分野 ■夫婦、親子、兄弟姉妹などの家族関係についての相談
■職場の人間関係、組織マネジメントなどについての相談
■心理教育・人材育成・集団マネジメント
年齢 28
性別 男性
自己紹介 こんにちは。ぽんたです。

私はもともとカウンセラーになるつもりはありませんでした。単純に、「人間」と「こころ」が不思議で、もっと知りたいと思ったのが心理学を学び始めたきっかけです。

学びを深める中で、「人と人とが分かり合う」ことの難しさや、「こころの弱さ」を知ると同時に、心理学の知識や技術が「分かり合う」ことや「強いこころを持つ」ことに力添えできる可能性を感じました。

それ以降、「問題ではなく解決に焦点をあてる」、「罪を憎んで人を憎まず」というような考えを持つブリーフセラピーをベースに、臨床心理学やカウンセリングを学びました。

私の持っている心理学の知識や技術と、趣味のダーツで鍛えた集中力を最大限に活用し、皆様の生活に少しでも役立つ何かをご提供できればいいな、と思っております。

ユージン


写真や画像等をどうぞ
経歴 大学にて社会福祉学を学んだのち、大学院に進み、臨床心理学専攻を修了(修士号取得)。大学院修了後は、知的障害、発達障害に関する相談業務、検査業務に従事。その後、臨床活動のかたわら、アファリスにて、携帯電話向け心理サイトに寄せられるお悩み相談の回答、心理学や精神疾患にまつわるコラム・テスト・チェッカーなどの作成にも携わる。現在は、児童養護施設等で子どものケアや職員へのコンサルテーションを主に行なっている。
資格 臨床心理士
得意分野 ■虐待・トラウマ・PTSDに関すること
■発達障害、知的障害に関すること
■抑うつ、不安に関すること
年齢 30代
性別 女性
自己紹介 ユージンと申します。

この仕事を始めてから随分経ちますが、クライエントと接していて常に思うのが「自分が救えるのは自分だけ」ということです。これだけ聞くと大変厳しいように思えるかもしれませんが、裏を返せば、一人一人がそれだけの力をきちんと持っているということです。

そんなはずはない、自分は助けられてばかりだ、自分には何もできない、などと思う人もいるでしょう。でも、助けを受けとって動いたのは、他でもない自分自身です。自分が動かなければその結果はなかった、ということを忘れずにいて下さい。

孔子の言葉に「止まりさえしなければ、どんなにゆっくりでも進めばよい」とあります。急がずゆっくり、一緒に考えていきましょう。